禁煙しやすい環境とは

煙草による健康や美容への影響がよく知られるようになってきたことによって、社会的には禁煙を推進する方向に進んできています。そのトレンドに合わせて健康や美容のために禁煙を志す人も多くなってきていますが、それでいとも簡単に禁煙をできてしまう人もいれば、何度繰り返してみても煙草を手放すことができずに苦悩する人もいるのが事実です。煙草には依存症があることが知られており、含まれている成分の一つであるニコチンから受けられる快感のシグナルに魅力を感じてしまっていて、それが忘れられずにやめられないという人も多いのが事実として知られるようになりました。しかし、煙草が止められるか止められないかという点において問題になるのは依存症だけではありません。たとえニコチン依存症になっていたとしても、それが精神レベルのものであれば克服していくことは不可能なことではありません。その精神に大きな影響を及ぼすのが、その人を取り巻く環境であり、一度周囲を見渡してみることが大切です。最も禁煙しやすい環境とは周囲に喫煙者がいない環境に他なりません。特に家族に喫煙者がいるかいないかによって禁煙の成功率が大きく変化するということは統計によっても示されています。その影響力を考えると職場や親戚に喫煙者がいるかどうかということは大きな要素となるでしょう。煙草が目に入るということはそれだけで魅力を感じてしまうものになりがちだからであり、煙草を見ることも感じることもないという環境に長く身をおくことによって徐々に煙草から離れていくことができるようになります。禁煙を推進していくためには煙草が見えない環境を生み出していくことが大切になるのです。

禁煙できる人とできない人の違い

禁煙をしようとして成功する人もいれば失敗に終わってしまう人もいます。その違いとして自覚的によく区別できる点が一つあります。それは煙草を吸う理由としてイライラとするような気分になってしまうのを解消するために煙草を吸うことがあるかどうかということです。そういったイライラの症状に代表されるストレスを感じて喫煙をすることによって解決をしているという習慣がある人の場合には、ただ煙草をやめただけでは禁煙に失敗してしまうことになりがちです。どうしてもそのイライラのやりどころがなくなってしまってタバコに手を出してしまいがちになるからです。そのストレスをスポーツなどの趣味に置き換えることができる場合もありますが、そういった努力をしてもなお失敗する人もいます。そういう人の多くは煙草に含まれている成分の一つとして知られるニコチンに対して依存症ができてしまっているのが問題となっています。現実的には喫煙者の7割が多かれ少なかれニコチン依存症になっているとされており、ある程度以上のレベルでニコチン依存症になってしまっているともはや気軽な気持ちでは禁煙を実現することができなくなってしまっていると言っても過言ではありません。そのが禁煙できる人とできない人の違いとして大きなものになります。しかし、ニコチン依存症になっている場合でも禁煙補助薬を使用していくことによって解決が可能です。そこに気づいて禁煙補助薬を使用するという決断ができるかどうかも成功するか失敗するかを大きく分ける部分になります。薬局で購入可能なものも、医師の処方箋が必要なものもありますが、適切なものを選んで使用していくことで禁煙を目指すという判断ができると禁煙を実現できる可能性が生まれるのです。

禁煙を段階的にするには

■禁煙するなら成功率の高いこの禁煙補助剤がおすすめです
チャンピックス

長く煙草を吸ってきた人の7割程度は煙草に含まれる成分の一つであるニコチンに対して依存症を持ってしまっていると言われています。ニコチン依存症の場合には一度にニコチンをやめてしまうことによって禁断症状が出てしまうリスクがあり、それが原因で禁煙ができなかったり、精神的にダメージを負ってしまうことになったりすることが知られています。そのため、段階的に禁煙をしていき、最終的にはニコチンを徐々に減らしていくことによってニコチン依存症の解消も達成することを目標とすることが大切になります。その一つのアプローチとして名高いのがニコチン置換療法です。煙草を吸わないことはできるかもしれないという人の場合にはニコチン置換療法が有効であり、ニコチンの供給源をガムなどの別のものにすることによって、煙草がなくても身体にニコチンが供給できるようにするというのがニコチン置換療法の基本的な考え方です。煙草を別のものに置き換えることで禁煙を達成するというのが最初の段階になります。そして、次の段階として置き換えたものを少しずつ減量していくことによってニコチン依存症を解消すると完全な形で禁煙を達成できたことになります。これだけでは難しいという場合にはさらに段階を踏んでいく方法もあり、有害物質を含まないパイプなどに煙草を置き換えて口元の寂しさを紛らわしながら、ニコチン置換療法を行って煙草をやめ、続いてパイプなどや置換したニコチン供給源を順番にやめていくということもできます。煙草をやめられない理由は必ずしもニコチンだけではありませんが、一度に全部をやめようとせずに置き換えていくという考え方を持つと段階的に禁煙達成に近づいていくことができます。